So-net無料ブログ作成

反日が止まらない~8月14日は慰安婦の日だって [社会・ニュース]

追記その3。

おお、日韓の慰安婦問題合意、どうなるかあ~、期待を裏切らない韓国、このまま反日で突っ走ってほしい。
ぜひ反故にして、日本とはもう縁を切っちゃいましょう。そして、反日だけをエネルギーにして生きようぜ。

韓国と距離を置く日本人が増えるだろう、それでいいと思う。外国での反日活動にだけ注意すればいい。
ま、安全保障上、中国の緩衝地帯として、利用するのみ。さすがの韓国も北朝鮮の首領様を王様にして、統一するのは難しいだろうから。


追記その2。

韓国ってドイツにも嫌われているらしい。

「韓国否定派が65%!! なぜドイツは世界一の“嫌韓国家”なのか」
http://s-korea.jp/archives/4255

日本の韓国否定派は3割ほどだというから、さほどに日本では嫌韓は進んではいないよう?(というか関心がないのかも^^;)

以下、気になったところ、http://s-korea.jp/archives/4255/2より一部転載。

【ドイツでは韓国人に対する差別が起きている。

舞台はドイツのミュンヘン。同地スターバックスの店員が、韓国人女性が注文したドリンクのプラスチック製カップに、目の細い人を描いて提供したという。「目の細い人」というのは、東洋人や韓国人を蔑視するニュアンスがあるそうだ。

また2011年7月、ドイツのマグデブルクに住む韓国人女性が2人の子どもを連れて遊園地に向かう途中、ドイツ人女性からタバコを投げつけられるという事件もあった。韓国人女性が抗議すると、そのドイツ人女性は彼女を殴打。さらに大声で「目が小さい!」と叫びながら、韓国人女性の首を絞めたという。当然だが、そのドイツ人女性は逮捕されている】

転載終わり。

目が小さい・・・うう、日本人も傷つくぜ。
ま、日本も中東から移民を大量に受け入れれば、そのうち混血も増えたりして、日本人の容姿も変わるんじゃないですかね。中東ムスリムは子だくさんだし、日本人は少子化がどんどん進み、減っていくだろうから。


他、気になった記事

「韓国で慰安婦を「売春婦」と主張したらどうなるのか。とある女性教授の“末路”とは」
http://s-korea.jp/archives/14738


親から売られたり、騙されて連れて来られたり、本人の意思に関係なく売春婦にさせられた人は気の毒だけど。
性を売ってそれなりのお金を得ていたのだから売春婦ということになるよな。

・・・・・・・・・
追記その1。

笑ったっ。
いやあ、もはや慰安婦はギャグ。

https://twitter.com/murrhauser/status/897069467200389120より転載。

【どこまで進化するか分からない!】
第一形態:椅子に座った慰安婦像
第二形態:バスにのって移動する慰安婦像
第三形態:大韓航空機に乗って日本に向かう慰安婦像
第四形態:国会前で「アベ辞めろ」と叫ぶ慰安婦像

どこまでいく慰安婦。
最終形態は・・・

DBのフリーザやセルを思い出す。

が、フリーザやセルはお金をたからない。

もう、韓国は反日あってこそ、反日が韓国のアイディンティティ、反日じゃないと生きていけない、反日こそ全て・・・反日じゃなきゃ韓国じゃないぜ。

そーいや、強制労働者像も作っているんだって?
映画「軍艦島」も話題になっているね。
https://news.yahoo.co.jp/byline/shinmukoeng/20170815-00074529/

さあ、金をたかるのに、次は何像を出すのか。

・・・・・・・・・・
本文。

http://www.asahi.com/articles/ASK8G5JFRK8GUHBI01C.htmlより

【韓国で元慰安婦を支援する市民団体は14日、ソウルなど各地で少女像の除幕式や記者会見などを相次ぎ開いた。市民団体は、1991年に元慰安婦が初めて名乗り出た「8月14日」を「世界慰安婦の日」に位置づけている】

ミニ慰安婦像、売り出し。
慰安婦ビジネスやね。

日本の人権屋さんと一緒。
いやあ、関わらないほうがいいレベルだけど、世界にはちゃんと日本側も反論したほうがいいかも。

朝日新聞、内心ウハウハで、これを報道していそうだね♪
「広まれ慰安婦の日」ってね。朝日、してやったり。


また、ソウル市内ではバスに慰安婦像を座らせ、運行。

「座席に「少女像」置いた路線バス、ソウルで運行」
http://news.livedoor.com/article/detail/13470656/

ソウル市長も賛同。

日本人は韓国へは用心して行ったほうがいいかも?
やっぱり一部の人は過激化し、恨みを募らせ、日本人に対し何をするか分からない。
韓国は法治国家ではなく人治国家だし、日本人へ対する犯罪は無罪になりかねない^^;

女性は特に、レイプに気をつけないと。
「慰安婦の仇」と称して性暴力。

こういった被害者意識の強い者には要注意。

彼らにとって日本は敵であり、和解しようなどと言う気はさらさらない。
というか日本はいつまでも敵であってほしいのだろう。

こういうと、韓国人への偏見、差別だという人もいるかもしれないけれど、韓国はもはや国自体が異常。
どうしたってそこに住んでいる韓国人は影響を受けるだろう。
そのごく一部は日本人なら何をしてもいいと犯罪までやりかねない。韓国は日本ヘイトの域に突入している感じ。

理解し合うレベルではなくなった。合意・約束ごとはすぐに反故にされてしまう。北朝鮮なみに信用してはいけない国である。
・・・・・・・・・・
追記。
短編連作小説「これも何かの縁」の前身となった小説の紹介。

「プライオリティ―謀略戦」 http://ncode.syosetu.com/n3783dy/
IMG_20150112_0001.jpg

『不戦の民』と『戦犯』の子孫と『兄の遺志を継ぐ少女』が工作員らと戦う物語。
謀略策略ありの人間ドラマ。架空世界を舞台にしてますが、現代の日本と変わりない世界観になっています。

 シーズン1は恋愛要素あり。主人公とヒロインの心の物語が中心。敵の正体や思惑も明らかに。
 シーズン2は対工作員・謀略策略戦。狙われる主人公たち。
 シーズン3はテロ戦争・戦闘・銃撃戦。首相も登場。国の存亡をかけた作戦とは。
 シーズン4は国に見放された少年少女工作員との闘い。そして政界で謀略策略が。本当の黒幕は?

次シーズンに橋渡しをしつつも、物語はシーズンごとに区切りをつけます。各シーズン9万字~11万字程度です。はじめのほうは右傾化エンタメと思われそうな内容ですが、物語が進めば、実はそうでもありません^^;

こちらもどうぞよろしくお願いします。

・・・・・・・・・・
短編小説「これも何かの縁」より番外編のお知らせ。
「見下し世の中」をどうやって生きていくか・・・が、これら小説のテーマです。

「蝉―僕のランク」http://hayashi-monogatari.blog.so-net.ne.jp/2016-09-05
※あらすじ→学校で下位ランクの『僕』、最下層女子『長山春香』に何を思う。
学園もの、うむ、ちょい辛め、シリアスで重いけど救いはあるのじゃ。

「あだ名―中秋の名月」http://hayashi-monogatari.blog.so-net.ne.jp/2016-09-14-3
※あらすじ→白井月子が自分のランクを守るために犠牲にしたのは・・・
テーマはイジメ。己の容姿に劣等感を抱える月子が犯した罪とは。

「豚草―腐女子の誇り」http://hayashi-monogatari.blog.so-net.ne.jp/2016-09-19
※あらすじ→中学時代、下位ランクだった長山春香、白井月子、そしてもう一人「モヤシ」こと八島麗華の話。彼女は、長山春香を犠牲にした中学時代をどう想い、今、どうしているのか。

「お彼岸―アラフォー女子の幸せ」http://hayashi-monogatari.blog.so-net.ne.jp/2016-09-24-1
※あらすじ→恋愛や結婚を一歩引いて見ている冷静な未婚アラフォー女子が主人公。果たして彼女は勝ち組なのか負け組なのか。お彼岸のプチ知識など情報も入った軽く読める物語です。

「血液型診断―栗の節句」http://hayashi-monogatari.blog.so-net.ne.jp/2016-10-07
※あらすじ→若夫婦のほのぼのハートフルなお話。血液型、重陽の節句(栗の節句)の情報ネタ入り。明るい話で軽く読めます。

なお、短編小説「縁」本編の目次はこちらhttp://hayashi-monogatari.blog.so-net.ne.jp/2016-10-28


人気ブログランキングへ
[ひらめき]よろしくお願いします。

nice!(1) 

nice! 1

Facebook コメント

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます